souvenir ~スヴニール~

双子出産記1

さらっと出産記をかこうかと思っていたのですが、簡単に出産できると
思った誘発分娩が簡単なことではなかったこと、誘発分娩が知りたくて
私のブログをのぞいてくれる方もいるので詳しく書こうと思います。
私も誘発の入院中には同じ体験をなさった方のブログを読んで、
自分を必死に励ましました。


37週三日目で誘発分娩するために入院することが決まりました。

この時点で、子宮口は開いていないし、子宮頚管長もまあまあ、
お産になる予兆はありません。

先生からは大まかな流れとして、
バルーン装着して、5センチまで子宮口を開く→錠剤の促進剤(子宮口を
柔らかくする薬)を飲む→点滴の促進剤
という、三段階を経ての誘発分娩になります、と説明してもらいました。

先生曰く、「双子だし、経産婦さんだからバルーン装着したのが刺激になって
陣痛付くかもね~」とのこと。
私も、上の娘の出産のときに前期破水→バルーン・促進剤点滴後、10時間
位で出産になったので、こりゃあ入院当日か次の日には産まれてるなー、なんて
軽く考えていました・・・。

甘かった・・・

バルーン装着が入院した日の夕方に始まりました。
バルーンは上の娘の時に、細かい説明がされなかったため、何をされるかわからない恐怖と
痛みで身体が固くなってしまい、装着に30分かかり、その上血まみれ・・・
という怖い記憶しかなかったので、バルーン装着の初日がある意味天王山(笑)と思っていました。

その恐怖体験をその日私についてくださった助産師さんに訴えました。
助産師さんは、具体的にどうなるか、自分も出産のときにバルーンをしたそうなので詳しく
教えて下さいました。

そして装着の時・・・

助産師さんが、以前の出産のとき、自分が何をされているかわからなかった恐怖があったと私が
話していたことを覚えていてくれたので、内診台の向こうから今何をしているかを事細かに実況(笑)
終わった時には緊張と終わった安堵で貧血になり先生に抱えてもらってベッドに倒れました(笑)

けっきょくその日はバルーン装着のみ。
促進剤は翌日からとのこと。
なーんだ、すぐに促進剤かと思っていたのに・・・。

そして、陣痛もつかず朝を迎えます。

朝からはいよいよ促進剤です!

つづく・・・
[PR]
by hato_810_sable | 2012-06-18 10:53 | 双子出産記

育児の合間の手づくり作品や私のお気に入りを紹介します。
by hato_810_sable
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

つながり

olive
*39*(ミク) ~ほんわかhandmade cafe~.

現在、Oliveさんに委託させていただいています。


最新のトラックバック

最新の記事

門司港レトロフリーマーケット
at 2013-05-21 11:40
20%off
at 2013-05-07 15:37
パッケージを新しく
at 2013-05-07 15:08
キラキラフェスティバル
at 2013-05-07 15:01
双子も一歳
at 2013-02-19 16:09

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな